作州牛へのこだわり   作州牛工房 肉の五月(山本精肉店)

        作州牛を競り市で一頭買いするから出来る!血統書付きのお肉をお届けします。

日本の全頭検査は、素晴らしい。

    こんにちは、五月の要です。
今日は、W様のご注文で、カルビの王様、三角バラを進物用にしました。
20060520123706.jpg

W様は、食肉業界、酪農業界のどちらにも関係した仕事をされている方で、何処の肉屋さんが、どんなお肉を扱っているか、良く知っています。
だから私に、注文をくれるのだと思います。

いつもありがとうございます。

今日の朝刊に
20060520123729.jpg

多分この記事の通りに、輸入再開になるのでしょう、小泉さんからブッシュさんへのお土産って感じですね。

日本人の感覚としては、アメリカ産牛肉に対して安心と言う言葉は、吹き飛んでいると思います、そして安全は、だれがどうやって、担保されるのか今のままだと何も分かりません。

でも大多数の日本人が、「安ければいいや」この一言でアメリカ産牛肉を食べるんでしょうね。

どうなる事か、良く観察してみましょう。

私としては、アメリカ産牛肉にたよった商売はしていないので、輸入再開のメリットとしては、価格の安定。

これは、お願いしたいです、今のような馬鹿げた牛肉の値段が続けば、消費者にソッポ向かれます。

アメリカ産の牛肉を、売りたい人は売る。買いたい人は買う。

みんな自己責任でお願いします。

安いものには、訳がある。

安全、安心 そして美味しい作州黒毛和牛を宜しくお願いします。
  1. 2006/05/20(土) 13:19:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakushu.blog36.fc2.com/tb.php/191-f8c01c48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad